現在のお時間です
                     
シーワンシー・カイロ紹介
シーワンシー・カイロプラクティックは西宮市甲東園でリニューアルオープンさせて頂く事になりました。         カイロプラクティックは手技により靭帯、筋肉、各関節等を緩め骨格を正常な位置に戻します。     その事で神経圧迫や血管圧迫を緩和し人間が持つ治癒能力を高め身体の働きを正常に調整する施術法です。                私は整形外科のリハビリ科に9年2ヵ月勤めておりました 今後その経験を活かし皆様の健康サポートの御役にたてればと願っております。
        
ADDRESS
西宮市上大市1丁目9−7シャルム風見鶏101号              営業時間10:00〜20:00     (受付19:00まで)         【完全電話予約制】           ご予約お問い合せは         TEL:0798-54-1352                E-mail:info@c1c-chiro.com  シーワンシー・カイロ携帯サイト http://c1c-chiro.com/mobil/ 定休日:不定休
                     
営業日のご案内
e-shopsカレンダー
                     
CATEGORIES
ARCHIVES
RECOMMEND
MOBILE
qrcode
<< 今夜もヒーロー今岡くんですよ! | main | ぎっくり腰・・・の勉強! >>
サブラクセーションの徴候
サブラクセーションとは、「症状の原因となる歪み」でしたね
以下の項目が3つ以上該当しますとサブラクセーションと認められます。


 疼痛、自覚痛(痛み・痺れ・だるさのいずれか又はどれも)
 圧痛(押したり押えられた時の痛み又はしびれ)
 椎骨の不整列(背骨の歪み=ズレ)
 局所の異常皮膚温(血行が悪く他の局所との皮膚温の違い)
   急性期の皮膚温は高く慢性期の皮膚温は高く感じない。

 筋(棘筋など、靭帯の収縮がある)
   サブラクセーションがあると椎骨付近の筋肉が硬くなる。

 フィクセーション(関節可動域の減少や固定化=関節が硬くなる)


3つの項目が該当しなくてもサブラクセーションでいいかと思います。
要はカイロプラクティックテクニックで施術出来るかの判断が施術家には必要だと思います。


´↓・・・この項目では違和感の原因を探り硬くなっている部位だけでは無く筋肉の関連性も確認し緩和操作(マニピュレーションを含む徒手療法)を行う事が重要だと思います。

全身を緩和させてしまってからの施術後の状態チェックでは、サブラクセーションの徴候が何処の部位との関連性で緩和されたのか解らなくなりますので注意が必要です。

ここで必要であればカイロプラクターの特異とするアジャストメント(矯正)やその他のテクニックを用います。その理由は筋肉を緩和させてからのアジャストメントがより安全だからです。必要でなければ何でもかんでもアジャストメント(矯正)はしません。リクエストされてもお断りする事もあります。
因みにアジャストメント(矯正)は全てと申しませんが骨のアジャストメント(矯正)では有りません。筋肉のアジャストメント(矯正)です。詳しく説明しますと、かなり長くなりますので今回は省略させて頂きます。


・・・クライアント様の状態によりますが施術を行う場合と熱感や疼痛、自覚痛の状態でアイシングを用いたり、施術を行える範囲だけに留めたり、安静にして頂く場合があります。

に関しましてはとやや同じ考えも有り絶対に動かしては駄目な場合、触れてはいけない部位等があります。

こんな感じでお勉強させて頂けたのもF先生、T先生との出逢いや、これまで臨床経験を積ませて頂けた職場とクライアントの御蔭だと思い感謝致しております嬉しい
| カイロプラクティックて何だろう? | 02:28 | comments(2) | trackbacks(0) | -
コメント
自覚がない箇所でも、触られると、めっちゃ痛かったりするので、自分では感じない痛み?ゆがみ?があるんだなあと、不思議に思うことがあります。
右が痛くなることが多いのに、触られると左が痛かったりしますし。
カラダって、複雑ですね。
| かたかた | 2008/09/27 5:42 AM |
>かたかた さん 

患者様の殆どが痛い部位を何とかして欲しい、触れて欲しいと考えられます。確かにごもっともなのですが、お身体はホント複雑です。
複雑なのでいろんな部位に関連性があります。
その意味にお気づきなられた事だけでも改善への近道だと(C1C)カイロくんは思います。
| (C1C)カイロくん | 2008/09/28 12:25 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.c1c-chiro.com/trackback/1022539
トラックバック